歯が痛い!!どうやって歯医者さんを選ぶか。。。(経験談含)

信頼出来る歯医者さんとは

 歯の治療は最も一般的な治療です。
しかし実際に治療となるとどこで治療をしようか迷う人も多いと思います。
長い間自分の歯をどれだけ使えるかについて、出来れば馴染みの歯医者さんが出来れば良いですね。 まずは歯医者に掛かる前に正しい情報を手に入れましょう。

歯科医師の業務

歯科医師とは歯科医師法によって「専ら歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとすることを責務とする」と定められている。「歯科医業」とは咬合構築に関与する行為(補綴、充填、矯正)、歯牙・顎骨・口腔粘膜・舌・口唇・唾液腺・咀嚼筋など下顔面に発生する疾患の治療、全身疾患のうち口腔または下顔面に症状を現す疾患の治療および機能回復訓練、などの行為をいう。

ウィキペディア:歯科医師引用


インプラントについて

公益社団法人 日本口腔インプラント学会
ウィキペディア インプラント

インプラントについて見積りを貰いました。

 私は3年ほど前の見積りでしたが8本位入れて240万円程、また知り合いは子供の時からかなり歯を抜かれており見積りは340万円程、やはりかなりのお金が掛かります。

もちろん新車1台分の葉の治療を簡単に決断などできません。

インプラントを売り物にしている歯医者さんは完全にインプラント狙い感が強く、保険での治療を望まれる方はお勧め出来ません。何故か一本とか二本とかでは無く多数のインプラントを勧められるのは少々よくわかりません。やはり第三者でインプラントについて正直な意見を言ってもらえるところで相談なさるのが良いでしょう。

実は現在私も歯の治療中です。2017年11月8日現在

実は歯を治療するときに幾つかの歯科医に行ったのですが当初はインプラントを売りにする歯科医に行きました。

歯が痛くて行ったのですが、即日治療をしてもらえず、まず歯周病の検査をして口の中の菌があるという事を見せられて、
「これはインプラントにしないと来年には歯が全部抜けます」と言われました。
「え~!本当ですか?」と、その日は痛み止めの薬を貰いましたが数日痛みが収まらず参った事があります。
それでも、その歯科医に行って治療をしてもらったのですが何か若い女の子が治療をしていくのですがあまり上手な感じが無かったのである時行くのを辞めました。

そして歯医者を変えたのですが次の歯医者さんは、保険治療と保険じゃない説明をして保険でというとそのまま治療してくれ、それから3年経ちましたが全部歯が抜ける事は勿論ありませんでした。
しかし、突然夜痛みが発生して、翌日、歯医者さんに行くと歯の中が膿んでいたようです。
その歯の治療をしたのですが反対側の上の歯の奥がやはり影があるというので現在その治療をしています。
やはり3年行かなかったのは駄目だという事を思い知りました
ですので自分の状況や目的に応じてどう歯を治すのか。そしてどこに治してもらうのかを適切に選びましょう。

やっぱり歯医者さんは近い方が良い!

  近くで通いやすくて、技術が上手な歯医者さんが良いですよね。
やはり歯医者さんは技術だと思う時が結構あります。知識と技術が良いお医者さんが良いですよね。
今の歯医者さんは重要な治療は絶対に院長さんが治療する。

アシスタントの人はほとんど治療には手を出しません。
やはりそういう歯医者さんが一番安心ですよね。

歯型を取る時の手つきとかで慣れているかどうかも通っていればわかるようになります。
やはり手先が器用で上手な歯科医が一番良いというのが私の感想です。

インターネットの口コミについて

 歯科医の口コミは実際に通った口コミかどうかが重要です。
ネットの口コミはやらせのケースも沢山あります。どう見極めするか。

どうやって歯科医を見極めるか?

 私の選んだ方法は実際に歯医者さんを何箇所も外観をみました。
あまり立派すぎる建物は要注意なのと、立派すぎる車に注意する。
高い治療を勧められるからです。
かといってあまり古めかしいところはパスする。
そこそこの建物で、中くらいの外車あたりの車がある歯医者さんを狙う。
保険で治療する場合は、その費用は大きな違いは無いと考えて良いでしょう。そうなると設備が新しい方が良いとか、治療の環境が良い歯医者さんの方が良いという事になります。 なのでまず自転車でも車でも、その歯医者さんに行く事。それで通いやすい歯医者さんを選ぶのが良いでしょう。


(記事 ネットフロイド株式会社)

投稿日:2017-11-08


カテゴリ:医療

なびシリーズ 関連業種